投稿日:2023年5月21日

土木工事のひとつ!擁壁工事が必要なのはどんな時?

こんにちは!
福島市を拠点に、住宅基礎工事や土木工事を手掛ける株式会社佐紅技研です。
今回は、土木工事の一つである「擁壁工事が必要なのはどんな時?」という疑問にお答えします。
安定して働ける土木作業員の求人に興味をお持ちの方は参考にしてくださいね!

擁壁工事が必要な時とは

盛土
擁壁工事は、高低差のある土地で必要とされます。
高低差のある土地は、土のままでは斜面が崩れる恐れがあるため、鉄筋コンクリートやコンクリートで壁状に覆うことで土砂崩れを防がなくてはなりません。
この高低差に当てはまるのは、崖など初めから存在したものだけでなく、土地を造成した際にできた切土や盛土も含まれます。
高低差のある土地の、高い方に建物を建てると、建物自体の重さや土の中に溜まる雨水などの圧力が下にかかるため、斜面が崩れやすくなります。
ですから、斜面の土を留める「土留め」や壁状の構造物「擁壁」を作らなくてはなりません。

擁壁の種類

擁壁に使われる素材は、鉄筋コンクリート、コンクリートブロック、石の3種類です。
一般的に構造計算がしやすく、崖に対してまっすぐ立てやすい鉄筋コンクリートを用います。
コンクリートブロックや石を積む方法は、鉄筋コンクリート擁壁よりコストは安くなります。

鉄筋コンクリート擁壁の種類

鉄筋コンクリート擁壁は、「逆T型」「L型」「逆L型」の3種類に分けられます。
どの擁壁も、地中に埋まるコンクリート部分が水平方向に伸びていて、垂直方向のコンクリートを支えています。
T、L、逆Lは地中に埋まるコンクリートの向きを表しており、自分の土地から隣の土地に擁壁部分が入らないようにするイメージです。

擁壁の寿命

擁壁に使われる鉄筋コンクリートやコンクリートブロックの寿命はおよそ50年と言われています。
そのため経年劣化で擁壁が壊れることはほとんどありません。
一方で、50年以上前に多く作られた石積み擁壁は、現在のがけ条例の基準を満たしていないことが多いため、改めて擁壁工事が必要になります。

【求人】土木工事で高収入を目指しませんか

万年筆を持つ人
株式会社佐紅技研ではともに働く土木作業員を募集しています。
弊社は、未経験の方でも先輩スタッフが丁寧に指導いたしますので、専門的な知識と技術を持った一人前の職人を目指せますよ。
実力や技術が身に付けば、随時給与として還元いたしますので働きがいを感じて頂けるかと存じます。
また、弊社は大手企業とも取引があり業務量が安定していることが強みです。
経験者の方の中には、安定して長く勤められる会社をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
仕事量が安定しており、スタッフの経験・技術を最大限に評価し給与でお応えする弊社にぜひ来てください。
皆さまからのご応募を心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

採用情報

株式会社佐紅技研は福島県福島市・伊達市の基礎工事・土木工事業者です|求人
株式会社佐紅技研
〒960-0251 
福島県福島市大笹生字原20
TEL:024-573-8446 FAX:024-573-8447
※営業電話お断り


関連記事

基礎工事

基礎工事

基礎工事を行ないました。 基礎工事 信頼できる基礎工事の業者をお探しの方は、福島市の株式会社佐紅技研 …

基礎工事

基礎工事

基礎工事を行ないました。 基礎工事 基礎工事のご相談は、福島市の株式会社佐紅技研にお気軽にどうぞ。 …

【求人】あなたも仕事を通じて社会に貢献しませんか?

【求人】あなたも仕事を通じて社会に貢献し…

福島県福島市の株式会社佐紅技研では、住宅基礎工事・土木工事に携わってくださる方を求人募集しております …

面接予約  採用情報