投稿日:2023年4月30日

基礎工事について知っておきたい!直接基礎3種類って?

こんにちは!福島市にあります、株式会社佐紅技研です。
弊社は福島市や二本松市、伊達市で住宅基礎工事や土木工事を行う会社です。

基礎工事は大きく2つ「杭基礎」と「直接基礎」に分けられます。
地盤の軟弱な土地に採用さるのが杭基礎で、固い地盤の土地に行われるのが直接基礎です。
今回は、土木作業員のお仕事に興味をお持ちの方に「直接基礎3種類」を簡単に解説いたします。

直接基礎1.ベタ基礎

ベタ基礎
地盤に基礎を直接設置させる「直接基礎」1種類目がベタ基礎です。
ベタ基礎は建物の床下を全面コンクリートで覆い、基礎全体で建物を支えます。
支える面積が大きく、地面にかかる力が分散されるので、地盤の強度が比較的小さくても使える工法です。
使用されるコンクリート量は多いものの、基礎を作るために地面を掘る量や型枠使用量が少なく、施工がしやすいです。
また、地震の揺れや不同沈下にも強く安定性が高いので、近年多くの住宅が採用している工法となっています。

直接基礎2.布基礎

布基礎は、柱や壁の下に線上に基礎を設置する工法で、古い日本の家屋に多く使われてきました。
ベタ基礎よりも地面に接するコンクリートの面積が小さいので、地盤の強度が比較的大きな土地で利用できる工法です。
しかし、建物の床下に地面がむき出しになることが多いため、湿気対策が必要です。
湿気対策として、床下を防湿シートで覆う方法があります。
湿気によるカビが建物の寿命を短くするだけでなくシロアリ被害にもつながるため、床下を乾燥させる対策が大切です。

直接基礎3.独立基礎

独立基礎は、主な柱の下にだけ基礎を設置します。
布基礎よりもさらに地面に接する面積が小さいので、地盤の強固な土地のみで使うことができます。
ベタ基礎が「面」で支えるイメージならば、布基礎は「線」で、独立基礎は「点」で支えるイメージです。
独立基礎は、現在の住宅では使われることが少なくなりました。
ですが非住宅の建物や、外構のフェンスなどで独立基礎はよく使われています。

【求人】佐紅技研の一員になりませんか

履歴書
福島市や二本松市、伊達市で正社員として安定して働ける求人を探していませんか?
株式会社佐紅技研では、土木作業員として働いてくださる方を募集しています。
弊社は、先輩スタッフが「一番は仲がいいことですね」と言うほど人間関係のいい会社です。
就業時間は現場にもよりますが8:00~17:00ですので、友人との予定や自分の時間を確保しやすくメリハリのある働き方ができますよ。
弊社の求人に少しでも興味をお持ち頂けましたらぜひご応募ください。
スタッフ一同皆さまとお仕事できるのを楽しみにお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

採用情報

株式会社佐紅技研は福島県福島市・伊達市の基礎工事・土木工事業者です|求人
株式会社佐紅技研
〒960-0251 
福島県福島市大笹生字原20
TEL:024-573-8446 FAX:024-573-8447
※営業電話お断り


関連記事

福島の土木工事業が高収入!その理由とは?

福島の土木工事業が高収入!その理由とは?

土木工事業界で働こうと考えた時に、「土木作業員って収入は高いの?」と疑問に思う方もいるでしょう。実は …

【求人】ガッツリ稼ぎたい方は必見です!

【求人】ガッツリ稼ぎたい方は必見です!

福島県福島市の株式会社佐紅技研では、基礎工事をはじめとした土木工事などに携わってくださる土木作業員を …

土木工事業界についての特徴を徹底解説!

土木工事業界についての特徴を徹底解説!

土木工事業界について解説 「土木工事って具体的にどんなことをしているの?」と疑問に思う方もいますよね …

面接予約  採用情報